FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

時の流れに身をまかせ

 本日は10月26日です。これがなんの日か判るでしょうか。
 伊藤弘文が暗殺された日? それもあります。
 OK牧場の決闘があった日? それもOK。
 バック・トゥ・ザ・フューチャーでタイムマシンが完成した日? やったねドク!

 いい加減面倒になってきたので正解を言うと『私が創想話に初めて書き上げたSSを投稿した日』です。正答を楽しみにしていた方、くだらない答えでごめんなさいね。

 まさか飽きっぽい私が何だかんだ1年も書き続けるとは1年前には思っても見ませんでした。あの時は一つ書き上げたら満足して止めるつもりでしたからね。

 『自己解題は作家の本望。しかしそれだけやっていたのでは前には進まない』という言葉があった気がします。そこで見たかはちょっと思い出せないのですが。
 私はまだまだしょぼくれた小物的存在ではありますが、それでも一年続けられれば作家の端くれと言っても良いのではないかと思います。
 そこで今日はちょっと立ち止まって昔の話を思い返してみたりしてみようかと。

 そんな訳で、以下からはずらずらと自己満足の自己語りが続きます。作品のネタバレなんかもあるので、まだ読んでない方は見ないことをお勧めします。気持ち悪いことになっているので、読んだ方も見ないことをお勧めします。
 
 
『其れは仁慈か思慕か』
 記念すべき?処女作。取り敢えず今見返すと気恥ずかしくてもう。今の私にはあんな霖之助は書けない気がします。今書いたとしたらら、絶対気が付かない振りし続けて後ででかいツケを払わされますね、霖之助。

『検索せよ無限のArchive!記憶という海へとDive!』
 2作目にして早くもパロディもの。やりたい事やったもん勝ちですよね、青春なら。
 個人的には自作でも1、2を争うほど気に入ってます。
 タイトルはパロディ元の仮面ライダーWのOP歌詞より取っています。思えばこの時からタイトルの縛りが始まったと考えれば益々業が深い作品……

『彼は如何にして弾幕を愛するようになったか』
 タイトルは『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』から。
 実はこの作品、ネタ自体は2年ほど前に別に運営していたブログに書いたものだったり。
 そう言えばあっちのブログは半年ほど更新が途絶えている気が……

『深紅』
 これは向こうの後書きでも書いてありますが、タイトルも本文も島谷ひとみさんの『深紅』が大本。そして更に言うならば創想話での後書き部分にある『――それは、異なる時間を生きる者達の物語』は『深紅』がOPテーマだった『Another Century's Episode』の意訳というかなんというかになってます。ここまで判った方には1ZMポイント進呈します。ZMはもちろん自己満足の略。
 内容は、紅魔館の主従を意識したつもりです。が、貰ったコメントではどうやら違うキャラを連想した方も居たみたいで、面白いなぁと思ってみたり。

『未知なる外界を夢に求めて』
 タイトルはH・P・ラヴクラフト『未知なるカダスを夢に求めて』より。これからは元ネタが判った方には順次1ZMポイント進呈します。貯まったらどうなるかは考えてませんが。
 それはともかく、好きです。クトゥルフ神話。
 内容は……書き上げた後に、設定の矛盾に気が付いて「どーすんだよこれ!?」と頭を抱えたのも良い思い出です。

『宵闇幻想草紙』
 タイトルは八房龍之助『宵闇眩燈草紙』より。
 京太郎みたいな盆暗並みに色々と足掻こうとする人物は大好きですね。それに加えて眼鏡ですし。
 ボコボコに批判コメントを頂いたのも良い思い出……か?寧ろ忘れたい過去かも知れませんね。

『ミストファイナー』
 タイトルはギルティギアシリーズに登場するジョニーの技『ミストファイナー』より。この技名自体『刀で切り払う=ミスト(霧)ファイナー(掃らう)』という意味で付けられたものなので内容に丁度良いかと思いつけました。

『アクシデンタル・プレゼント』
 タイトルは特捜戦隊デカレンジャー Episode.45『アクシデンタル・プレゼント』より。途中途中に入るエピソード名もデカレンジャーのそれを捩ってます。結構上手くいったと自分では思ったのに、誰にも突っ込まれなかったのでここで言う悲しさよ。

『誰が店主を殺したか?』
 タイトルはマザーグースの一篇『誰がクックロビンを殺したか?』より。だーれがころしたクックロビン♪で有名ですよね?判らない方は1ZM没収。
 こういったショートショート的な落ちの効いた話をもっと書けたらなぁ。

『実験』
 タイトルはフレドリック・ブラウンの掌編『実験』より。話の流れも頭と最後は大体同じです。

『きみの人生の物語』
 タイトルはテッド・チャン『あなたの人生の物語』より。
 作中の霖之助の台詞はsurfaceの『キミスター★』です。判った方には2ZMポイント進呈。

『その話は、きっと無限のネタで出来ていた』
 タイトルはFate/stay night中でが唱えられる無限の剣製の一節『その体は、きっと無限の剣で出来ていた』より。
 この話こそ自己満足の真骨頂ですね。出来れば全てのネタを解説したい所ですが……残念、スペースが足りないようです。

『紫煙』
 タイトルはGRANRODEOの『紫炎』より。かな、一応。
 もうこの話は本当にタイトルが上手く決まらず、結局は無難なものに落ち着きましたね。
 内容も気に入ってますが、短い短い言われてじゃあどうすれば?とも思ったり。寧ろ聞きたいのですが、どうすれば長くなるんですかこれ。

『嘘をもうひとつだけ』
 タイトルは東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』より。
 こういう誰かがわりを食う話はあんまり好きではないのですが、偶には書いてみたくもなります。
 あと、中身は全然関係なく、ただタイトルを取っただけだというのに東野圭吾作品のレビューサイトからトラックバックが飛んできて面白かったです。内容見てないんかい!

『住み着く蟲』
 これはタイトルを他の方に考えて貰ったので元ネタとかはないです。
 1時間でこれが書けたのは、今考えると凄い事のように思えます。

『幸せについて本気出して考えてみた』
 タイトルはポルノグラフィティ『幸せについて本気出して考えてみた』より。
 幸せって主観的なものだよね、というお話。

『超絶』
 タイトルは仮面ライダークウガのサブタイトルより……と思いきやそんなサブタイトルはありませんでした。調べた所、ディケイドクウガ編のサブタイトルが『超絶』でした。うろ覚えでこういう事をしちゃ駄目ですね!
 オチの一文が書きたかっただけの掌編。因みにその一文の元ネタはマテリアル・パズルです。判った方に1ZMポイント。

『あきないもの』
 タイトルは小坂俊史『わびれもの』より。そこ!大分苦しいとか言わない!判ってるから!
 今でも4コマ化してくれる方を心待ちにしています。

『高度に発達した科学は魔法と見分けが付かない』
 タイトルはクラークの三法則の第三法則。
 こういうシリアスが突き抜けてギャグになるバカSFは一度書いてみたかったので大満足です。

『高度に発達した馬鹿は科学と魔法の見分けが付かない』
 タイトルは上のを捩っただけ。内容はタイトルを考えてからざざっと書いただけ。それにしては結構纏まってて好きですけど。

『星飼い』
 タイトルはポルノグラフィティ『月飼い』より。ポルノグラフィティの楽曲では一番好きなものかも知れません。内容も歌詞をなぞってるような感じです。

『春風と共に』
 タイトルは星のカービィ スーパーデラックスの『はるかぜとともに』より。
 早霖を期待していた方にはごめんなさいとしか。私の中では早苗さんはあんなイメージなんです。

『色色衣』
 タイトルはスピッツのアルバム『色色衣』より。
 『原作に近い』とのコメントが付いて本当に嬉しかったです。

『強き心 強き願い』
 タイトルは仮面ライダー電王のゼロノスのテーマ『Action-Zero』の歌詞より。七夕にちなんで付けてみました。

『The Moon is a Harsh Mistress』
 タイトルはロバート・A・ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』の原題より。
 『またお願いします』とのコメントを頂きましたが、この文体で書くのは非常に疲れる為(しかも大して円城塔を真似出来ていないという)、早々は難しいです。

『熱血とは、熱いものが瞬時に内から湧き出る状態の事を言う!』
 タイトルは島本和彦『逆境ナイン』の一話冒頭『逆境とは、思うようにならない境遇や不運な境遇のことをいう!』と『燃えよペン』内『その時炎尾燃は熱いものが瞬時に内から湧き出た!』を組み合わせたハイブリッドタイトル。
 こういうノリは大好物ですが、文章でやるネタかなぁとも思ったり。迫力ある絵が欲しいですね!

『なんでもない日々、おめでとう』
 タイトルは不思議の国のアリス内にある台詞『なんでもない日、おめでとう!』より。
 『僕の右手』でも良かったかなとは少し思ってます。僕の右手を知りませんか 行方不明になりました。

『青いくちづけ』
 タイトルは神林長平『蒼いくちづけ』より。このタイトル、実は本文が書き上がった後に考えたものです。だから本文中の『青いくちづけ~』辺りはタイトルが決まってから書き足したものです。
 『霖之助の頬を摘む』というお題で『何で』摘むかは明言されてなかったので、唇で摘ませてみたのは我ながら良いアイディアだと思ったのですが、どうでしょう。
 そう言えば他の方々も続々描いてくれるはずでしたがどうなったんでしょうか……このままでは私はとんだ道化ですよ。

『あるいは未知でいっぱいの海』
 タイトルはエイヴラム・デイヴィッドスン『あるいは牡蠣でいっぱいの海』より。
 構成を含めて結構気に入ってます。気に入った作品ほど点が伸びなかったりするんですが、これもご多分に漏れませんでした。
 紫=メリー説は考えると色々と夢が広がりますね。

『言葉の果てに雨が降る』
 タイトルはHermann H. & The Pacemakers『言葉の果てに雨が降る』より。
 こんな事を言うのも何ですが、ぶっちゃけ消したい作品です。何かもうだめだめ。やはり私は時間を掛けないと駄目です。


 ……ふぅ。疲れた。
 
 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記


web拍手

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴月

Author:鈴月
初めまして、鈴月(すずつき)と申します。最近になって東方に嵌った俄です。
ここではCoolier-クーリエ-東方創想話に投稿した作品のまとめ等を行いたいと思っています。

the.bell.moon○gmail.com
何かありましたら上記の連絡先までお願いします。
(○を@に変えて下さい)

Skype ID:suzu_tuki

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter Updates
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。