スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

鉄の身体に流れる血潮!悪い奴らは許さない!そうだメタルだ鋼の力!

君がまだ、空を飛ぶことを夢みていた頃……
多くの冒険譚に胸おどらせていた、あの頃……
君の瞳はきっと、空よりも碧かったに違いない。
大人になってしまった君にはもう思い出せない
勇気あふれる物語がここにはある。
欺瞞と虚構の中で時を止めてしまった君に
この熱き冒険を贈ろう。


 と言う訳で、今回は私が参加させて頂いた合同誌『霖色の日記帳2』の各作品感想を書かせて頂こうと思います。
 一応ネタバレはないように気を付けていますが、それでも気になる方もいらっしゃると思うので、以下の方に格納しておきます。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学


web拍手

魔理沙におくるジェネリック 感想

 創想話ジェネリックに投稿された作品のレビューを書いてみました。感想にも書いてありますが、万人にはお勧めし辛い作品です。魔理沙の劣等感をこれでもかと言う位描写しているので、癒しを求めている時には回避推奨。

【タイトル】魔理沙におくるジェネリック
【書いた人】一級天人氏
【あらすじ】
 霧雨魔理沙は実に聡明だった。そんな彼女が非凡であろうと切磋し続けた結果辿り着いた結論とは。

【感想】
 恐らく人を選ぶ作品と思います。ほのぼのとした作品を求める方には、全くと言っていい程肌に合わないでしょう。反面、弱い人間として思い悩む魔理沙の葛藤を受け入れられる方には、自信を持ってお勧めできます。
 内容に関しては、実に丁寧に魔理沙の内面を切々と描写しています。幼い頃思い描いた理想と、努力の末に辿り着いた自分。只の人間でいるのがどうしても嫌で、しかし結局はどこまでも人間でしかない魔理沙が、そのギャップの果てで出した答え。それがもたらした結果は彼女に救いを与えるのでしょうか。

テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学


web拍手

ゼロ年代SF傑作選 簡易感想

 「ゼロ年代」の名が示す通り、2000~2009年においてその名を馳せたSF作家陣の傑作短編を集めた作品集です。参加した作家名とその代表作は次のようになっています。

秋山瑞人/代表作 『E.G.コンバット』 『イリヤの空、UFOの夏』
冲方丁/代表作 『マルドゥック・スクランブル』 『カオス レギオン』
海猫沢めろん/代表作 『左巻キ式ラストリゾート』 『零式』
桜坂洋/代表作 『よくわかる現代魔法』 『All You Need Is Kill』
新城カズマ/代表作 『サマー/タイム/トラベラー』 『15×24』
西島大介/代表作 『アトモスフィア』 『ディエンビエンフー』
長谷敏司/代表作 『円環少女』 『戦略拠点32098 楽園』
元長柾木/代表作 『全死大戦』 『ヤクザガール・ミサイルハート』

 以下に特に心に残った短編のあらすじと感想をば。

冲方丁 『マルドゥック・スクランブル“104”』
 マルドゥック・スクランブル――マルドゥック市が独自に採用する、人命保全の為の緊急法令。その法案適用時には禁じられた科学技術の使用が許可される。
 人語を喋るネズミ、ウフコック。軍人くずれの鉄面皮、ボイルド。禁じられた技術の結晶である二人は、自らの有用性を証明し続ける為、引いては自らの居場所を勝ち取る為に今日も街を駆ける。


 企業の内部告発を行った結果、命を狙われる事になった女性を護る為に闘うウフコックとボイルド。彼らを描いたアクションシーンが物語の中核を為しています。重火器を手にドンパチやり合う様はハリウッド映画のよう。敵が籠城先のホテルに攻め込んでくる為に取った、まるで冗談のような手段も物語のハリウッド性を高めています。
 創られた存在であるにもかかわらず、誰よりも生きる事に前向きなウフコックが印象的でした。と言うかウフコック可愛すぎ!
 『マルドゥック・スクランブル』本編とは微妙に繋がっているようでパラレルだと思います。


海猫沢めろん 『アリスの心臓』
 脳神経が<リワイヤード>されている影響で、音を立体と質感を以て『観る』事が出来る少年、野角計。彼が田舎へと転校してきて、とある少女と出会った事から物語は始まる。
 作者曰く『量子的なエロ本の5次元世界に神が降臨してボーイミーツガール』

 
 野角少年の見る世界を描いた文章が非常に独特です。『太鼓の音がのっぺりとした白い多面体になって空に浮かんでいる。どんどん、月が増えていく。空はクリームあんぱんでいっぱいだ。』なんて文章どうやったら思いつくんですか。
 それ以外にも文中にとんでもない仕掛けがあったりします。
こんな感じ
 こんなぶっ飛んだ表現方法、『虎よ、虎よ!』以来ですよ!
 ただちょっとアイディアだけ先行して読者が置いてけぼりになっている感は否めないですね。


長谷敏司 『地には豊饒』
 脳内のナノロボットにより『本来は使用者の脳内に無い神経連結』を創り出し、他者の経験や感情までもを伝達させる技術ITP。本短編では、そのITPを日本人向けに開発する技術者・ケンゾーを通し『文化という特定の土地や人間性に根付いた基盤は、これからの宇宙進出に対し足枷にしかならないのか?』『文化という他人との繋がりに縋らない人間は本当に人間と言えるのか?』と言う問いを投げかける。


 これぞSF! といった感じの硬派な内容になっております。文化という個々人の拠り所は、宇宙という余りにも大きな舞台に持ち込むには本当に不要なものなのか? 深く考えさせられます。
 ラストシーンの美しさは今作品集随一だと思いました。

テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学


web拍手
プロフィール

Author:鈴月
初めまして、鈴月(すずつき)と申します。最近になって東方に嵌った俄です。
ここではCoolier-クーリエ-東方創想話に投稿した作品のまとめ等を行いたいと思っています。

the.bell.moon○gmail.com
何かありましたら上記の連絡先までお願いします。
(○を@に変えて下さい)

Skype ID:suzu_tuki

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter Updates
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。